読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとデザイン、スタートアップの話

プログラミングやデザイン、スタートアップ関連についての雑記

Spotifyが日本に上陸したら聴きたい、イケてる洋楽アーティストたち(+現時点でのおすすめ日本人歌手)

2016.10.7更新 サービス・プロダクト

いよいよ今年9月頃にSpotifyが日本上陸をするというニュースが出ています。これまで日本上陸関連のニュースは幾度と無く出ていましたが、今回は時期も明確に報道されており、9月にSpotifyが日本で正式に使えるようになりそうですね。

f:id:harv-tech:20160930173406p:plain

【9/30更新】ついに正式に日本でのSpotifyのサービス開始が発表されましたね。残念ながらまだ招待制だそうですが、近いうちに一般に使えるようになりそう。

日本でも既にAWAやLINE MUSIC、Apple Musicを始め、AmazonやGoogleなどでも定額制の音楽聴き放題サービスが提供されていますが、まだまだクリティカルマスに到達するには時間が掛かりそうです。Spotifyがどこまで伸びるのかはわかりませんが、おそらく最初の数ヶ月の利用はほぼ無料(米国だと$0.99)で使えるようになると思うので、これをキッカケに洋楽を聞いてみるのはいかがでしょうか?

【9/30更新】最初の1ヶ月間が無料というキャンペーンが発表されました。広告なし、ローカルへの楽曲の保存ができる有料プレミアムプランは、翌月から980円だそう。もちろん広告有りの無料プランは日本版でも健在なので、ひとまず無料利用してみるのがいいのではないでしょうか?

www.spotify.com

独断と偏見ですが、Spotifyで聞くことが出来るオススメの洋楽アーティストをジャンルをざっくり分けてまとめてみました。また、Spotifyに現時点で登録されている日本人アーティストも簡単にまとめています。

  • ロック
    • Arctic Monkeys
    • The Strokes
    • JET
    • The fratellis
    • Yeah Yeah Yeahs
  • レジェント系
    • Coldplay
    • The Beatles
    • Oasis
  • カフェ系
    • John Mayer
    • Jack Johnson
    • Sublime
    • Suzanne Vega
    • Yael Naim
  • 日本人アーティスト
  • さいごに
続きを読む

20代中盤のエンジニアがフリーランスになったばかりの頃の不安 [後編]

フリーランス プログラミング 副業 転職

前編では、24歳の私がフリーランスになったばかりの頃に最初の案件をゲットできるようになるまでの不安について綴りましたが、今回はその後編です。

24歳フリーランスエンジニアが非常駐で単月100万の売上を出すためにやったことという記事を沢山の方に読んで頂いたのですが、ネガティブな面については伝えきれていなかったので、この記事を通じてそれらについて述べられればと思います。

  • 朝は、布団の中で新規案件チェックから
  • 孤独との戦い
  • 複数の契約を結べるようになった後は、チャットツール地獄
  • 5年後はどうなっているんだろうという漠然とした不安
  • おわりに
続きを読む

20代中盤のエンジニアがフリーランスになったばかりの頃の不安 [前編]

プログラミング フリーランス 転職

先日、24歳フリーランスエンジニアが、売上100万円/月に到達したことについての記事を書きましたが、多方面から様々な反応を頂いたので、今回は私自身が感じたデメリット・マイナス面について書いています。

前回の記事も今回の記事も、若いうちからフリーランスになることを推奨するものでもなく、否定するものでもありません。フリーランサーになることへの是非について述べる機会があればそのときに預けるとして、今回は私が原体験ベースで実感したことをできるだけフラットに書いています。

  • 世の中のフリーランサーとの戦いは厳しい
  • クラウドソーシングには受託会社がウヨウヨいる
  • 最初の案件を得るまでの不安は大きい
  • 後半の内容
続きを読む

24歳フリーランスエンジニアが非常駐で月収100万を達成した方法

フリーランス プログラミング 転職

2016年上半期からフリーエンジニアとしての活動を始め、上半期の後半には開発案件を通じて、月収がアベレージ100万円を超えるようになったので、どのようにしてこの数字に至ったかをご紹介します。

  • フリーになるときに気をつけたこと
    • ①生活資金は前もって確保しておく
    • ②単価だけで選ばず、スキルを伸ばせる案件であること
    • ③常駐はしない、コミュニケーションは最低限にする
  • 単発納品よりも継続できる案件を探す
  • 案件探しに使ったツール
    • ①フリーランス向け案件掲載サイト
      • A. レバテックフリーランス
      • レバテックフリーランス
      • B. ギークスジョブ
      • ギークスジョブ
    • ②クラウドソーシング
      • A. ランサーズ
      • ランサーズ
      • B. クラウドワークス
      • クラウドワークス
  • その他のフリーランス向けの便利なツール
    • ①クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)
    • ②会計ソフトfreee(フリー)
      • 【会計ソフトfreee(フリー)】
  • 案件の接触回数を増やし、獲得率も上げていく
    • レバテックフリーランス
  • あなたにオススメの記事
    • ギークスジョブ
続きを読む

技術理解の浅い会社にプログラマーとして入社すると辛いよという話

プログラミング 転職 雑記

プログラマーとして就職するならその会社の体質として技術理解度がどれほどかという点はしっかり見た方がいいです。

営業畑出身の人ばかりが経営陣にいる会社やシステム構築の外注率が高い会社は、総じて技術理解度・技術者に対する理解が低い傾向にある気がします。

  • 工数の感覚が合わない
  • テストの重要性が理解できない
  • 新しい技術への関心の違い
  • 企業の口コミサイトを見たほうが良い
続きを読む

未経験でもエンジニアに転職するために身に付けるべきスキル・準備とは

転職

転職を考えている人の中でエンジニア(プログラマー)にジョブチェンジして新しい会社に移ることを考えている人の相談をちらほら聞きます。

他の職種の人からするとプログラマーは「手に職がある」職種だという見られ方をするようで、先のことを考えた結果プログラマーへの転職をひとつの候補として考えているそうです。

続きを読む

プログラマーとしての生産性を高める為の作業環境・オフィスグッズ

プログラマーは1日の作業時間のうちの多くをデスクでパソコンと一緒に過ごしますよね。

営業マンがスーツや靴にこだわるのと同じかどうかわかりませんが、私はプログラマーとしてできる限り作業環境を理想の状態に近づけていって、生産性が上がるようにしています

もちろん究極の理想を実現するためにはそこそこのお金が必要になるので、自分のお財布と相談して揃えられる範囲で徐々に理想を目指して行っています

この記事では、あまりお金がない私でも揃えられた買ってよかったものと、今後買いたいと思っているものを紹介します。

プログラマーの健康を支えるオフィスチェア

椅子は非常に大事です。生産性どころか健康にも大きな影響を与えます。

今使っているもの: Bauhutte CP-08 BeamLight

これまでオフィスにある色々な椅子や家具屋さんで試し座りを数々試してきました。

予算1万円以内で買える椅子の中で最終的に「これいい!」となった椅子がこのBauhutte (バウヒュッテ) CP-08 Beam Light コンパクトチェアです。

定価は15,000円ほどですが、Amazonなら1万円を切った価格で購入することができたのでこれに決定しました。

購入してしらばくずっと愛用していますが、選んだポイントは以下の通りです。

  • 肘掛けは邪魔だからいらない
  • 座面の厚みが十分あるもの
  • 背面は夏場を考慮しメッシュ

このあたりは譲れないポイントだったので重視して選びました。特に座面の厚みが安いわりにしっかりしていて良い買い物でした。

買いたいもの: エルゴヒューマン

ここからは妄想です。お金に余裕ができたら買いたいと思っているもの。

なんといってもデザインがクール。かっこ良すぎます。

完全機能重視ならアーロンチェアもありですが、機能とデザインの両面から考えると私の好みはエルゴヒューマンです。

リッチマン、プアウーマンで小栗旬が座っていたのもエルゴヒューマンです。

デスクを綺麗に使える机上台

机上台を使っている人を見ていても、今までは「買うほどのものか?」と思っていたんですが、これは使ってみると便利だと気づきました。

私はデュアルディスプレイを縦に配置するタイプなんですが、縦配置型の人って奥に置くディスプレイの高さ調節に本とかを使っている人がいますよね。

かつての私がそうで、分厚い技術書とかを台座代わりにしていました笑。あの分厚さが丁度良いんですよね。

でもそれってエンジニアらしいって言えばらしいのかもしれませんが、思ってるほどかっこよくないし、技術書を台座に使うなんて...みたいな所もなくもないですし、なんかイマイチなんですよね。

ということで机上台を買ったんですが、まず見た目もスタイリッシュになるし、机上台の下のスペースには小物を忍ばせておいたりもできます。

それほど高いものじゃないので、一度試してみるとちょっとテンション上がりますよ。



一番コスパの良い生産性向上グッズ: 覗き見防止フィルム

これは一度試してみる価値ありです。

スマホの覗き見防止フィルムのPC版です。よく転職を考えだしている人とかが、転職サイトとかをこっそりみたりするために使い出すヤツですね笑

何が生産性向上に繋がるかというと、「誰にも見られていないという安心感」なんです。

自分の背後が壁だと作業に集中できると言われていますが、オフィスの机の位置を勝手に変えることってできないですよね。

「後ろが壁=誰にも背後から見られないから集中できる」という状況を覗き見防止フィルムで作るわけです。

ただこれは人それぞれなので、私のようなタイプの人だけにオススメできる内容ですね。



仕事のパートナー、キーボード

プログラマーが1日の中で一番ふれあう時間が長いキーボード。

これまでApple純正のキーボードなどを試してみましたが、やっぱり最終的に行き着いたのがこれです。

Happy Hacking Keyboard Professional2

これはそこそこのお値段がしますが、奮発して買いました。もう手放せないですね。

買ってから数ヶ月はそのキーボードの打ち心地を噛み締めながらタイピングをしていましたが、もう今となっては良きパートナーとなり、噛み締める必要もないくらい自然に私のタイピングをサポートしてくれています

バレンタインデーは過ぎちゃいましたが、プログラマーならチョコよりもこっちを貰ったほうが嬉しいかもってレベルです(こんな事言ったら嫌われるし怒られるけど)。

健康にも良い: 簡易スタンディングデスク

1日中座っているのは完全に健康に悪いですよね。

もはや歩くときなんて、MTGのための移動と食事の時、通勤時くらい。絶対健康に悪いです。

健康にも悪いし、健康に悪いということは脳の回転とかにも影響してきます。

なので今は安物で済ましていますが、スタンディングデスクをずっと愛用しています。

今使っているもの: 簡易パソコンスタンド

これはデスクの上に設置できるタイプのものなので、オフィスとかでも普通に使えます。

欲しいもの: 昇降式デスク

トランスリミット社の昇降式デスク
トランスリミットCEO高場氏のブログより

デスク自体が上下する昇降式デスクへの憧れが止まりません。

トランスリミットとかが導入していて、なんて良い企業なんだろうか...と指を咥えて見ています

おわりに

デスク周りが多くなりましたが、今回はこのへんで終わりにしておきます。

気が向いたらまだ紹介していないグッズも紹介しますね。


あなたにおすすめの記事

harv-tech.hatenablog.com

harv-tech.hatenablog.com

harv-tech.hatenablog.com