読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとデザイン、スタートアップの話

プログラミングやデザイン、スタートアップ関連についての雑記

プログラミングを勉強するときにHTML,CSS,Javascriptはどこまで勉強すればいいか

Ruby on Railsやphpなどを使ってWebサイトを作る時にHTMLやCSSという言語も学ばないといけないと聞いたことがあるかもしれない。本記事ではHTMLとCSS, Javascriptの概要と、それらをどのあたりまで勉強すればよいのかを解説する。

HTML, CSS, Javascriptの概要

HTMLとCSS,Javascriptって何?

HTMLはマークアップ言語と呼ばれ、Webサイトの見た目の基本構造を作るための言語である。例えば、見出しを決めたり、複数の要素をグループ化した要素を作ったりするために使う。

CSSは、HTMLで構成されたものに対してデザインを充てる役割を担う。見出しの大きさや色を決めたり、背景の色などを決めるために活躍する。

Javascriptは振る舞いを定義するために使う。振る舞いと言われると少し難しいかもしれないが、ユーザーのアクションに対して何らかのフィードバックを行うために使うことが多い。JavascriptはHTMLやCSSとは異なり、プログラミング言語だ。

どこまで勉強すればいいか

HTMLは必須だが、それ以外は必須じゃない

初心者向けのプログラミングキャンプなどでは、HTMLやCSS、JSも一緒に教えられることが多い。しかし、これらの言語は「フロントエンド開発者」と呼ばれる人たちが担うフィールドで、プログラマーは基本的にこのエリアをゴリゴリイジる必要はない。

とはいえ、プログラマーであろうとHTMLは必ず勉強しなければいけない。なぜなら、プログラマーであろうとHTMLに対して変数を埋め込む作業をすることがあるからだ。まだ勉強を始めていないあなたの場合、想像がつきにくいかもしれないが、プログラマーはHTMLを編集することがあると覚えておいて欲しい。

したがって、HTMLの基礎は必ず勉強しておこう。

一方、CSSはほとんど勉強する必要はない。CSSは上述の通りデザインを充てるための言語であり、デザイナーまたはマークアッパーの仕事だ。基本的にはプログラマーであるあなたが編集することはない。もちろん、CSSを知っていて編集する能力を持っている方が良い場合があるが、必須ではないため、最初は勉強する必要は無い。

HTMLの使い方を勉強し、CSSフレームワークと呼ばれるCSSのパッケージのようなものを使えば最初のチュートリアルでのプロダクトのデザインは簡単に充てることが出来る。Bootstrapなどがそれに該当する。

最後に、Javascriptだが、こちらも最初は勉強する必要はない。初心者の人でよくJavascriptをゴリゴリ勉強している人を見かけるが、自分の方針に合っていない場合が多い。Javascriptはユーザーの行動によって何らかのアクションを提供するといった振る舞いを実装するものだが、最初はそんな高度なことはやる必要はない。メインのプログラミング言語を学習した後にやる程度で十分間に合うのだ。

HTMLは何で勉強すればいいか

HTMLは簡単だから大丈夫

プログラミングを勉強するときには本を買うことをおすすめしているが、HTMLは本を買うレベルではなく、インターネットで無料で勉強すれば良い。プログラミングの難しさを100とすれば、HTMLなんて1〜2程度だ。HTMLでバグが起きるようなことはほとんどないし、パターンも数十通りくらいしかない。

Progateやドットインストールでさらっと1日で勉強してしまおう。

prog-8.com

dotinstall.com

メインのプログラミング言語の勉強が終わったらJavascript

Javascriptは息が長いプログラミング言語

Javascriptは最初は勉強しなくても良いが、Railsやphpなどの勉強が終わったら少し勉強することをおすすめする。例えばRailsの場合、ajaxと呼ばれる非同期通信を実装するときにはJSを使う。今はこの言葉が何のことだかわからないかもしれないが、何かフォームに入力してそれを送信したときに、画面遷移無しで登録を完了させ、何らかの文字を表示させるときなどに使う。

また、Javascriptは今後のWeb開発においても廃れる可能性が低い安定した言語で、息が長い。JSの勉強は最初は上で紹介したProgateなどで行い、本格的に勉強するタイミングで書籍を購入するのが良い。