プログラミングとデザイン、スタートアップの話

プログラミングやデザイン、スタートアップ関連についての雑記

副業や週2日稼働OKで評判が良いMidworksを徹底解説!面談対策まで

Midworksがフリーランスに評判が良い理由

f:id:harv-tech:20180805223710j:plain

フリーランスエンジニアとして希望条件に合う案件を探すのは難しいです。

しかし、希望条件にあった案件が見つかるとエンジニアの間で評判の良いエージェントがMidworks です。

Midworks ってどんなエージェントなんだ?」と気になっている方のために、実際にMidworks を使って案件の紹介を受けている私が、リアルな感想や裏話を書いちゃいます。

さて、これまでのフリーランスエンジニアのための案件といえば「週4以上の常駐」が一般的でした。

この条件は同じクライアントで長期的に働きたい場合には適していましたが、最近のフリーランスのスタイルにはマッチしないケースが増えてきています。

あなたがフリーランスエンジニアとして活動する理由には何が挙げられますか?

フリーランスになる理由で最も多い理由は以下です。

項目 目的
働き方 リモートワークで自由な働き方をしたい
技術 複数の企業と働くことで技術の視野を広げたい
収入 会社員よりも多く稼ぎたい

会社員と比べた時に「自由な働き方」「技術研鑽」「お金」の3つの項目が良くなることを目的としてフリーランスをしている人、フリーランスになる人が多いです(その他には、1つの企業で働きつづけることのリスク回避もありますね)。

このような最近のフリーランスエンジニアのニーズを満たすエージェントというのはまだあまりありません。理想条件の案件を探すのには時間がかかり、苦労することも多かったです。

しかしMidworks というエージェントが出てきて、その苦労が解消されました。

Midwokrsが扱う案件

Midworks がどんな案件を取り扱っているのか詳しく見ていきましょう。

週2日や週3日の稼働OKな案件が見つかる

f:id:harv-tech:20180805223727j:plain

まず「働き方」について。

Midworks には最低稼働日数が週2日でOKな案件から取り扱っています。老舗エージェントや大手エージェントはこのようなことはやっていません。

大手エージェントもこのような案件を紹介したいのにできないのはなぜでしょうか。

それは「週5日の契約ができた方がエージェントに利益が出るから」です。

ご存知の方も多いかと思いますが、エージェントはあなたの契約報酬からマージンを利益として成り立っています( これはこの業界の一般的なビジネスモデルなので良し悪しが悪いわけではありません)。

マージンを多く取るためには、マージン率を上げるか契約金額を高くするかのどちらかしかありませんね。

マージン率を上げるとフリーランスエンジニアの報酬が減るため、そのようなことはできません。なので契約金額を増やす作戦を取ります。

人日単価4万円のエンジニアを例に取ります。

稼働日数 報酬額 マージン
週2日 32万円/月 6.4万円
週5日 80万円/月 16万円

※ここでは1ヶ月4週間、マージン率20%と仮定しています

週2なのか週5なのかでこれだけマージン(エージェントの利益)が変わってくるのですね。

エージェントの営業の人の立場に立つと、週4〜5日の案件を勧めたくなる気持ちがわかります。営業成績が大きく変わりますからね。

このようなカラクリから、大手エージェントは週2日のような案件はあまり積極的に取り入れてきませんでした。

しかしMidworks は今のフリーランスエンジニアのニーズを最優先した案件を取り扱っています。

フリーランスにはもちろんですが、副業を探している人向けにも週2日の案件を実際に提案しています。

フリーランスで週3日で1つの案件をやりながら、他の2日で個人のプロダクト開発や勉強、他の案件ができたりします。

週4〜5日の常駐案件もカバー

f:id:harv-tech:20180805223811j:plain

とはいえ週4日の案件を探したい人もまだまだ多いと思います。

平日4日を案件稼働、残り1日は自分の勉強をするという方や、平日4日と他2日の案件をパラレルで持つという方などですね。

これまでの説明でMidworks は週2日の案件があると説明しましたが、もちろん週4日や5日の案件もあるのでご安心ください。

(上にも書いた通り、Midworks 側としては週4日や5日の案件を契約してくれたほうが嬉しいのは嬉しいはずです笑)

契約期間は様々

クライアントとの契約期間は様々です。

1ヶ月更新、3ヶ月更新、半年更新などがあります。

数ヶ月おきに営業をするのは大変だから半年は同じ企業でいい人や、リスクヘッジで1ヶ月更新を希望する人など人によって好みが分かれるので、このあたりはMidworks の場合色々あるので安心できます。

個人的には3ヶ月更新のクライアントがいいですね。 1ヶ月だとあまり何も見えてこないのと、精神的な不安が残ります(1ヶ月後に契約終了とクライアントに言われたら、1ヶ月の間に案件を探す必要がある)。

逆に半年契約は長すぎる印象です。フリーランスの場合はフットワークの軽さが働き方の魅力だと思うので、ミスマッチなクライアントと半年間を過ごしてしまうリスクや他に魅力なクライアントを見つけた場合に数ヶ月我慢しないといけないというリスクがあります。

Midworks

・週2・3日の案件も見つかる
・他にはない福利厚生
・登録〜利用まで完全無料

オススメ

福利厚生がついてくる

f:id:harv-tech:20180805223833j:plain

他のエージェントにはない魅力がもう1つあります。

それはMidworks と契約した場合にはフリーランスでも福利厚生がついてくるという点です。

他のエージェントでもリロクラブという福利厚生代行サービスを使えるという所はありますが、そのレベルではない福利厚生なんです(笑)

フリーランスになった瞬間、会社員時代はやらなくてよかったことを自分でやらなければいけません。

それは税金の計算、支払いや保険料の支払い、交通費の出費などです。

会社という組織から開放されたフリーランスは自由な働き方ができる分、自己責任でやるべきことがでてきてしまいます。

しかしこれを補ってくれる仕組みがMidworks にはあるんですね。

仕事が切れてしまった場合の給与保証

f:id:harv-tech:20180805223850j:plain

フリーランスの一番の心配事は「案件が見つからずに給与がない期間がある」ということです。

素晴らしいフリーランサーの場合はそのようなケースに備えた十分な貯金を用意していますが、やはり給与がない期間が出てしまうことに不安は感じます。

「フリーランサーなんだからそれが当たり前だし、なんとかしろよ」というのが一般的な意見なのかもしれません。

しかしMidworks の場合には契約が切れた後に次の案件が見つからなかった場合には想定給与の80%をMidworks が支払ってくれる給与保証制度があります。 実際に案件が途切れてしまうことはあまりないかもしれませんが、この制度は精神的な安心度がかなり変わってきます。

万が一案件が見つからなくても収入が入ってくるという事実だけでも心にゆとりがでてきますよね。

案件探しの時にもこの制度は役立ちます。

「案件が途切れないことを最優先」にしてしまう場合、多少希望条件に合わない場合でも仕方なく契約してしまうことは往々にしてあります。

これはエンジニアのキャリアとしてはあまりよくありません。一度契約してしまうと少なくとも3ヶ月以上はその企業で働く必要が出てくるので、時間がもったいないです。

それならば想定給与の80%ではあるものの、1ヶ月間納得行くまでゆっくりと次の案件を探す期間を設けた方が結果的に満足行く働き方ができるクライアントを見つけることができます。

この給与保証制度の金額面や条件面についてはMidworks に登録後の無料面談で詳細を説明してもらえるようになっています。

保険料を半分負担してくれる

f:id:harv-tech:20180805223907j:plain

給与保証の他にも、Midworks が保険料を半額負担してくれる制度があります。

フリーランサーになると健康保険などの加入なども自分でやっていく必要がありますが、どんな保険がいいのかという相談から半額負担までをやってくれます。

負担額上限は3.5万円(相談次第)までとなっていますが、自分の月額報酬に+3.5万円されるのはとても助かりますよね。

書籍・勉強会費用1万円まで支給

エンジニアとしての技術研鑽に必要な書籍や勉強会の経費も1万円まで支給してくれる制度があります。

ここまでこの記事を書いて改めて思いますが、Midworks は本当にエンジニアの視点に立った非常に良いエージェントですね...。

交通費3万円まで支給

f:id:harv-tech:20180805223919j:plain

もしリモートワークではなく、常駐の案件で契約した場合や、通常リモートだけど週1回の常駐がある場合などの交通費も月3万円まで負担してくれます。

ここまで紹介した福利厚生の合計負担額だけでも、交通費3万円+書籍代1万円+保険料半額負担最大3.5万円=「合計6.5万円」も他のエージェントと変わってくることがわかります。

Midworks と同じ案件でも他のエージェントで契約したらこの支給はもらえないんですよ。

他のエージェントを今使っている人でそこで気になる案件があっても、Midworks にも登録して同じ案件が契約可能じゃないかを確認したほうが絶対にお得なわけです。

たかが6.5万円...と思う人はさすがにいないと思いますが(笑)、年間に換算すると78万円も差が出ます。

その他の福利厚生

その他にも以下のような福利厚生があります。

  • リロクラブが使える
  • 顧問税理士50%OFF

フリーランサーは確定申告をしないといけませんが、税金の計算などはおそらくどこかのタイミングで顧問税理士さんにお願いするようになると思います。

収入が増え、経費精算のためのレシートが増え、だんだん管理が煩雑になっていくと、自分ですべてやるほうが効率が悪くなってきます。

そういった時に顧問税理士の費用を半額負担してくれるので、すごいありがたい制度です。

税理士はまだ考えていないからいいか...と思う人は要注意です。フリーランスとしての収入が増えれば税理士さんに依頼をするのは想定される未来なので、備えあれば憂いなしです。

f:id:harv-tech:20180805224417p:plain
Midworks のWebサイトで、福利厚生についてこのように紹介されています。

Midworks

・週2・3日の案件も見つかる
・他にはない福利厚生
・登録〜利用まで完全無料

オススメ

利用の流れ

Midworks の利用の流れはおおまかには以下の通り。

f:id:harv-tech:20180805224359p:plain

Midworks に登録(無料)をすると、エージェントからメールか電話が来て、面談の日程調整をします。

メールが来た場合にはなるべく早めに返事をしていくと次のステップまでスムーズに進みます。

メール(または電話)でMidworks との面談の日程が決まれば渋谷オフィスでの面談かビデオ面談を行います(ビデオ面談OKなのはありがたいですね)

オフィス面談が面倒だったらビデオ面談でとりあえず話を聞いてみるのが良いと思います。

面談の内容

面談では以下のようなことを聞かれるので、軽く準備と整理をしておきましょう(忘れないようにこの記事をブックマークしておいてくださいね)

  • 開発できる言語と経験年数
  • これまでの経歴
  • フリーランスとして活動したことがあるかどうか
  • 案件の希望条件(稼働日数、稼働開始日、報酬、勤務形態、技術、勤務地)

とくに職務経歴書などはなくても大丈夫です(最初のメールの段階で言われる場合もあります)。

面談は面接ではないので気軽に行って大丈夫です。むしろ相談ベースで話を進める気持ちで大丈夫とのことなので、気軽に行きましょう。

Midworksの案件の種類

さてさて気になる案件ですが、Midworks にはどんな案件があるのでしょう。

案件数

案件数は合計で3,000件ほどです。大手エージェントに比べるともちろん数は劣りますが、上述のように質の高い案件ばかりです。

繰り返しになりますが、他のエージェントではリモートOK、週2日〜OKのような案件がほぼありません。

それとこれは裏話になりますが、案件数をアピールしているエージェントには下請け案件のようなやりがいがあまりなく技術も伸びづらい案件も多く含まれています

良い案件に出会うの重要なことは、案件数ではなく案件の質ということをお忘れなく。

Web系・SIer

Midworks を運営しているBranding Engineerという会社はベンチャー企業ということもあり、Web系の案件の比率が少し高めです。

最新の技術トレンドを追っているようなWeb企業や、エンジニアの環境を重要視しているテック企業、利益率が高くエンジニアへの報酬が高いベンチャー企業など魅力的な案件が多いですね。

高単価SIer系の案件ももちろん扱っていますので、どちらのタイプを希望していても希望の案件は見つかると思います。

職種

Midworks はエンジニア以外の職種の案件の取り扱いがあります(エンジニアにも色々あるし...)。

  • システムエンジニア・プログラマー
  • インフラエンジニア
  • Web・サーバーサイドエンジニア
  • モバイルアプリエンジニア
  • ゲームプログラマー
  • デザイナー
  • プロダクトマネージャー

言語

f:id:harv-tech:20180805224513p:plain

プログラミング言語も様々です(★がついているものが特に多い)。

  • Ruby★
  • PHP★
  • iOS★
  • Java★
  • Go
  • Python
  • Perl
  • Javascript

単価・年収

f:id:harv-tech:20180805224334p:plain

案件の単価ですが、他のエージェントの平均単価に比べて5万円〜10万円ほど高い印象があります。

なおかつ案件を常に継続して持っていられるようなサポートがあったり、複数掛け持ちで総合単価を上げるなどのテクニックができるため結果的に年収も他のエージェントを使う時よりも高くなります(福利厚生のサポート約70万円も大きいです)。

会員登録すれば非公開案件が閲覧できるようになります。面談をするとさらに他の案件も提示してくれます。

他のエージェントの比較

他のエージェントととの比較をしてみましょう。 (横スクロールできます)

エージェント リモート案件 最低稼働日数 単価 福利厚生 業界 副業案件
Midworks 僅か 週2日〜 Web・SIer 多い
レバテックフリーランス 無し 週4日〜 Web・SIer 無し
ギークスジョブ 僅か 週4日〜 無し Web ほぼ無し
ポテパンフリーランス 無し 週4日〜 無し Web 無し
フォスターフリーランス 無し 週4日〜 SIer 無し

まとめると、Midworks が他のエージェントに比べて優れているのは

  • 稼働日数の柔軟さ
  • 福利厚生で実質年収UPができる(年間60〜80万円)
  • Web系の質の高い案件が多い」
  • 副業として案件を探すこともできる(パラレルでのサブ案件も)

もし週4日以上の稼働希望で、業務内容問わず単価が最優先の場合は、こちらの記事でも紹介しているようにレバテックフリーランスもおすすめですが、やはり総合点ではMidworks が現時点では一番使ってみるべきエージェントですね。

エージェントに登録して案件を探すのって結構面倒でしょ...と思うかもしれません。

しかしMidworks ならWebから無料登録をして担当者からの連絡を待って面談の日程をまず決めるだけでもOKなのでご安心ください。

面談の中で福利厚生制度の詳細や実際にどんな案件を紹介してもらえるのかを聞くことができるので、一度話を実際に聞いてみないと損です(ビデオ面談も受け付けてくれるので)

面談で話を聞いてみて、自分には合わないなぁと思ったらMidworks は使わずに他のエージェントを使えばOKです。自分の目でMidworks の良さを一度確かめてみてくださいね。

Midworks

・週2・3日の案件も見つかる
・他にはない福利厚生
・登録〜利用まで完全無料

オススメ