読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとデザイン、スタートアップの話

プログラミングやデザイン、スタートアップ関連についての雑記

知らないと損する、プログラマーが副業でお小遣い稼ぎをする3つの方法

f:id:harv-tech:20160212214653j:plain プログラマーという職業・スキルを活かして週末にちょこっと副業して月の収入を5万円〜10万円ほどUPさせることができれば、日々の生活に少し余裕が出ますよね。

本記事では、真っ当な副業方法でプログラマーが副業をGETする方法を3つ紹介します。

1. プログラミング関連のライター業務は実は高単価

まず紹介する副業方法はアフィリエイトなどの収益化まで時間が掛かるタイプのものでもなく、システム受注開発でもありません。プログラマーなら、週末に副業として受託開発をしても良い感じにお小遣いを稼ぐことはできます。

しかし、週末にまでプログラミングの仕事はしたくないし、そこまで時間を割くことが難しいという人もいるかと思います。

というわけで、最初に紹介する副業は「ライティング」のお仕事です。

「えっ、ライターの仕事とか儲からんやん...」

と思いますよね。ネット上では下記のような記事が話題になったりして、ライティング業務の低単価市場を批判する声も上がっています。

ascii.jp

このような一般的なライターのお仕事は主婦などが中心となってやるもので、単価は安く1記事を頑張って書いてもそんな大きなお小遣いにはなりません。ライティング業務の内容もぶっちゃけ誰でも書けるような内容で、ネットでググった内容をパッチワーク的に編集して作るものなので付加価値が少ないために単価が低いのは仕方ありませんよね。

しかし、今回紹介する案件は1記事あたり約5,000円の報酬が貰えるライティングの副業なんです。

その案件がこちらです。

crowdworks.jp

こちらの案件はクラウドワークス上でクラウドワークスの製作チームが発注している案件で、数あるライティング業務の中でクラウドソーシングの中では高単価な案件になっています。 プログラマーの経験を活かして、プログラミング業界に関する内容を執筆するというものです。プログラマーというスキルを持っている人しかできない案件なので、単価も高く設定されているようです。

このケースだと一度に3件の記事を受注できるため、毎週末3時間を執筆活動に当てれば一月あたり6万円の副業収入が手に入る事になります。

時給換算で5,000円ほどの副業になるため、悪い案件ではないと思います。上述したようなアフィリエイトの副業は収益化まで時間がかかり、結構な根気が必要になるし挫折する可能性も高いです。また、受託開発だと普段の業務と代わり映えせず、リフレッシュにもなりにくいという点がありますが、ライティングなら気軽に自分の経験や知見を元に記事を執筆するだけです。

労働集約型の副業にはなるため、スケールさせることはなかなか難しいという点がデメリットではありますが、この案件を継続すれば安定的に月々6万〜10万円ほどの副業での収入が入ってきます。月の収入が6万円変わってくるのは結構大きいですよね。

ということで、ちょっと週末に手軽にお小遣い稼ぎをしたい人におすすめしたい副業のご紹介でした。せっかくプログラマーという素敵なスキルを持っているのだから、活かせる所はどんどん活かしていきましょう!

※時期によって案件がある時と無い時があるので、定期的にチェックしておくと良いと思います。

2. クラウドソーシングの単発開発案件は意外とやりやすい

次に紹介する方法はクラウドソーシングでの受託開発です。ライティングなんか興味がなく、副業の際にも自分の開発スキルを伸ばせるような方法を探している方はこの方法が良いと思います。

クラウドソーシングサイトには様々な開発案件が募集されています。「アプリ開発」「Webサービス開発」「ブログ製作」「Wordpressサイト構築」「コーポレートサイト構築」などです。この中で副業として取り組みやすいのが単発系の案件である「コーポレートサイト構築・Wordpressサイト構築」です。

アプリ開発やWebサービス開発だとどうしても規模が大きくなってしまい、週末の副業だけではクライアントのニーズに応えることが難しいです。こういう場合は打ち合わせに出向かないといけなかったりするので、副業としてはイマイチですよね。

一方でコーポレートサイト製作やWordpressサイト構築だと、比較的中身の軽い内容のサイトを構築してしまえばそれでOKです。このような案件の平均単価は5〜15万円ほどで、10万円ほどの案件を契約できれば良いお小遣いになると思います。

別のオススメパターンとしては、クラウドソーシングサイト上で受託会社がプログラマーを募集している案件への応募です。この場合だと、受託会社と契約を結んでおけば、あとは向こうが案件を持ってきてくれて、こちら側のワークスタイルを汲みとった上で業務を進めていくことができます

これは非常にオススメです。かなり時間をフレキシブルに調整できるからです。例えば、私の場合は週10時間のみの契約で開発をさせて頂いておりました。開発メンバーが複数人いて、サポートとして自分が入るイメージです。

このケースでは時給ベースでの報酬支払のパターンが多く、時給4000円で週10時間の契約ができれば、月の報酬額は16万円です。非常に良い副業だと思います。週10時間の場合なら、週末に5時間ずつだけなので、副業としても良い具合ですよね。

クラウドワークス

・クラウドソーシング2大巨頭のうちの1つ
・登録・利用ともに無料。

3. フリーランス向けの案件紹介エージェントを使う

世の中にフリーランサーが増えたことで、フリーランサーに特化した開発案件の紹介エージェントが沢山生まれました。

基本的にはフリーランサーを対象としているため、平日の週3−5日程度での勤務を募集している案件がメインにはなりますが、エージェントの方に「週末の副業向けの案件を探している」ということを伝えれば、彼らは必死に条件を満たす案件を探してきてくれます

すぐに見つかるわけではないのですが、企業としては猫の手も借りたいという状況の場合もあるために、たまに条件を満たす案件が降ってきたりします。

エージェントを使うこと自体はこちらはタダですし、自分で案件を探す手間が省けます。エージェントに登録してしまって、一回こちらの条件だけ提示しておけば、条件を満たす案件があれば向こうから提案を持ってきてくれるのでこれ以上楽なことはありません

今すぐに副業したい人はクラウドソーシングなどで自分から案件を探したほうがいいかもしれませんが、「良い条件の副業の開発案件があれば教えてほしい」という感じのステータスの方ならエージェントは今のうちに登録して、案件が舞い込んでくるのを待っておくのがベターです。

レバテックフリーランス

・業界最大級の案件数
・フリーランスの間では評判の良いエージェント
・登録・利用ともに無料

オススメ

あなたにオススメの記事

harv-tech.hatenablog.com

harv-tech.hatenablog.com