プログラミングとデザイン、スタートアップの話

プログラミングやデザイン、スタートアップ関連についての雑記

これからのエンジニアはもっと交渉力をつけないといけない

f:id:harv-tech:20170821180730j:plain
エンジニア*1の多くは、交渉力・営業力がかなり不足していると思う。

コミュニケーション能力が十分ではなく、何か不満があるとTwitterに書いたり、影で文句を言う人も多い。

SNSに不満を投稿したり、影で文句を言うことは別にどうだっていいし、好きにしたら良い(倫理的にどうかは置いておいて)。

何が問題かというと、エンジニアのコミュニケーション能力不足・営業力不足がエンジニアの給与水準に悪影響を及ぼしているから。

フリーランスで交渉力が無い場合は得に顕著で、明らかに買い叩かれているエンジニアが多い。

社内の給与交渉なども、もっと交渉を頑張れば給与が上がる例なんてごまんとある。

しかしそれができないエンジニアが多い。結果としてエンジニアの相場が下がる。これは良くない。

開発マネージャークラスになる人は技術力に合わせて営業力・マネジメント力・交渉力等を持ち合わせているため、そのような例は減る印象。

また、フリーランスで稼ぐことができている人は、一定以上の交渉力がある。

ここでいう交渉力とは、自分の技術を正しく相手に伝え、その価値が如何程なのかをちきんと伝え、それに見合う報酬を得る力のこと。

「他にも同じような経歴でもう少し低めの報酬で勤務できるという方がいるんですがなんとかなりませんかね…」や「会社の状況的に○○円までしか出せないのですがなんとかなりませんか?」のような相手からの提案なんて耳を貸さなくていい。

それならそいつに頼めばいいし、その金額感で雇える人間を雇えばいい。自分を安売りするのは良くない。

それなのに安売りするような人が増えるから相場が歪む。

デザイナーだってコピーライターだってエンジニアだってみんな同じで、これまで自分で築き上げてきたスキルがあるんだから、それはきちんと相応の報酬を貰わないといけない。

自分を必要以上に大きく見せるのは行き過ぎると危ないが、多少オーバーになるくらいでしっかりアピールできるようにならないと、いつまでもエンジニアは買い叩かれる。

だいたい雇用主側は何でも値切りたいと思ってるんだ。ビジネスをやる以上、どんなものだって同価値なら少しでも安い方が良いにきまっている。

値切る、安くする前提で交渉してくる相手に、そのままこっちが折れたら相手の思う壺過ぎるでしょ。

「何値切ってきてんだよふざけんな」くらいの気持ちを持って、自分の価値を正当に評価してくれる相手と付き合えるように、自分の交渉力やコミュニケーション能力は磨いておかないといけない。

あなたは現状の自分の給与に満足ですか?それはあなたの価値を正当に評価していると思いますか?ギャップがあると思うなら、その原因はなんですか?

そのギャップを埋める術を探していくことが、エンジニアには必要だと思う。

あなたにオススメの記事

*1:ここでいうエンジニア=アプリやWebを開発するプログラマーを指す

年収1,000万フリーランスエンジニアの案件/収入ポートフォリオってどうなってるの?

フリーランスエンジニアとして2年目の下半期に突入。これまでの収入は、

1年目(2016年): 年収900万円
2年目(2017年8月現在): 年収1,200万円着地見込み

といった感じ。

約一年前に『月収100万円がアベレージで稼げるようになった』という内容の記事を書きましたが、そのペースは無事維持しています。

この記事を公開して以降、ありがたいことに多方面からコンタクトがあり、その中にはフリーランスエンジニアとして活動されている人から「どんな感じで稼いでるの?」という質問もたくさん頂きましたので、今回は実際の案件・収入ポートフォリオをざっくり公開します。

  • 案件/収入ポートフォリオ
  • 保守案件が収入アップに繋がるワケ
  • 保守案件を獲得するための開発案件とは
  • エージェントは大手だけではなく、新興系エージェントも漏らさないように
  • ほぼ不労所得の保守契約をまずは1つから
    • おすすめ・人気の記事
続きを読む

ビットコイン投資をするなら8月からが吉。そのための取引所などの準備を。

ビットコイン、絶賛大暴落中です。

仮想通貨投資歴1年の僕の収益はどうなったか。というエントリーを1ヶ月半ほど前に書きましたが、記事を書いた時点では元手x円から25倍の25x円になったとなんともいい感じに調子に乗った記事を書いてますね。

7月16日現時点ではどうなったかというと、ビットコインはじめ仮想通貨マーケットの暴落に見事巻き込まれ、約17.5x円にまで資産が減少。

つまりこの1ヶ月半で約30%資産が減ったことになります。

おーおーやべーなーと思う人もたくさんいるでしょう。(まあ元手の17.5倍にはなってるんですが)

しかし、あなたが仮想通貨投資家なら、もしかするとこの1ヶ月半の間に50%減になってる人も数多くいることでしょう…(南無阿…..

  • チャート振り返り
  • なんで大暴落してんの?
  • 投資はタイミング
    • おすすめ・人気の記事
続きを読む

Airpodsの在庫待ちでまだ消耗してるの?定価で翌日手に入れる方法

Airpodsいいですよね、最高にいいです。

Airpodsを使い始めたその瞬間から、イヤホン体験がガラっと向上しました。

f:id:harv-tech:20170716035401p:plain

昨年12月に突如販売がスタートした同商品ですが、販売開始から半年を経過し、街中ではちらほらとAirpodsユーザーが増えてきましたね。

イヤホンを使って音楽を聴く人にはもう自信をもってAirpodsをおすすめできるのですが、なんと相変わらずApple Storeでは出荷まで6週間待ち…

f:id:harv-tech:20170716033001p:plain

欲しい商品を気長に待てるタイプと待てないタイプがいると思うのですが、僕は待てないタイプw

欲しい商品はできるだけ手元に早く来てほしいんです(精神年齢が低いのか….

というわけで翌日にパッとAirpodsを手に入れるための方法を調べて、実際にそれでAirpodsをGET。

  • 翌日に手に入れる裏技(期間限定…??
  • コードがない完全分離型の革命
  • 自動音楽再生/停止機能は魔法使いの気分に
  • 腐っても鯛。洗練されたデザインにうっとり…
    • おすすめ・人気の記事
続きを読む

ボーナスで買いたい?生活が変わる2017年上半期買ってよかったもの【カジェット・家電中心】

「これを買ったおかげで生活がガラッと楽しくなった」というものをリストアップ。

金額の幅はかなりありますが、基本的に「購入額に対する満足度」を基準として、満足度が高かったものをピックアップ。いわゆる費用対効果。

  • AirPods
    • AirPods
  • BOSE soundtouch bar 300
    • Bose SoundTouch 300 soundbar
  • Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー
    • Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー
  • BALMUDA The Toaster
    • BALMUDA The Toaster
  • アイリスオーヤマ サーキュレーター
    • アイリスオーヤマ サーキュレーター
  • アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー
  • Fire TV Stick
    • Hulu
  • 格安SIM
    • LINE MOBILE
  • 最後に
    • AirPods
    • Bose SoundTouch 300 soundbar
  • フリーランスエンジニアにおすすめの記事
続きを読む

仮想通貨投資歴1年の僕の収益はどうなったか。

IT関連の技術者でありながら、仮想通貨やブロックチェーンに対する勉強が遅かったことを反省している筆者ですが、

仮想通貨への投資は約1年前から始めています。

1年前からの投資スタートしている人はたくさんいますが、それでも一応一般的に見れば早いスタートのようで、

最近周りから仮想通貨取引についてよく質問されるので、今回はこの1年で収益がどうなったかざっくり自分の事例を紹介します。

  • スタートから半年間は、ビットコインで資産が2倍に。
  • 後半はビットコイン以外にも投資をし、原資の30倍に。
  • 5月の暴落で約20倍のところまで減る
  • 現在5月の底から回復中
  • これから投資しても儲かるの?
続きを読む

仮想通貨(ビットコイン)取引を始めるかまだ迷ってる人たちへ

結論、ひとまず仮想通貨取引所のアカウント開設だけはしておいた方がいいでしょう

※本記事の内容は投資というお金に直接関わる事柄のため、自明ですが最終判断はご自身でお願いします

仮想通貨のマーケットが伸びた時に出遅れないようにする

最近よくニュースに出るようになった仮想通貨。仮想通貨に関する知識がまだあまりない人の中には、「怪しい儲け話」のように捉えている人も少なくはありません。

仮想通貨についての解説は他のブログに譲るに事にしますが、とりあえず言えることは、銀行に預けたまま眠らせている資産があるなら、仮想通貨に投資することで多少資産を増やせる可能性が高い、ということ。

もちろん投資なので、資産が減る可能性も十分にあります。しかし、筆者の考えでは今から投資して今年中の間に損益がプラスになる可能性の方が高いと考えています。(だから投資しているのですが)

仮想通貨マーケットはまだ成長過程という見解が多く、価格変動率(ボラティリティ)も株式投資の比ではありません。

一日の間に+30%になる場合もあれば、その逆もあります。1ヶ月で数倍、数十倍になる事例もあります。

つまり、投資(または投機)である以上リスクは伴いますが、資産を大幅に伸ばせる機会が散在しているということ。

個人的な意見として、食わず嫌いでその機会を逃すことはもったいないと思っています(資産を増やしたい人であれば)

なので、初期段階として、ひとまず仮想通貨取引のアカウントは作っておいて、乗れる波が来た時に乗り遅れないようにだけ準備しておくのが良いと思っています。

アカウントの開設にはお金はかからないし、リスクは0です。それに対して、アカウントを開設していなかった場合に起こりうる機会損失の方が大きい。

先月、ヒートアップした仮想通貨マーケットですが、一旦調整が入り、現在立て直しの所です。

ヒートアップしている中参入するよりは、ヒートアップ後の調整中の今、投資をスタートさせる方がリスクは少なく、リターンも大きいと思います。

アカウントの作り方

f:id:harv-tech:20170603180658p:plain

日本国内の取引所は複数ありますが、筆者は現在、コインチェックを使っています。

それぞれの取引所にメリット・デメリットはありますが、コインチェックは初心者にとって比較的使いやすいので、おすすめできるかと。

ちなみに後述しますが、なるべく損を減らし、益を最大化させるための方法を実現するには、コインチェックだけではいまいちではあります。

ですが、まずは国内の取引所のアカウントは1つ必要になると思うので、コインチェック等に登録しておきましょう。

取引を行うために、本人確認や日本円の入金などが必要になるため、アカウント開設直後から取引ができるわけではありません。

アカウント開設から数日で実際に取引ができるイメージです。

また、マーケットがヒートアップし、投資の参入者が爆発的に増えた場合、アカウントの承認が滞る傾向にあります。これが先程言った機会損失です

本人確認の手続きが滞ったり、入金にかなりの時間待たなくてはいけなくなり、やっと取引ができるようになったと思ったら乗り遅れ組に入っている人が5月中旬頃は多くいました。

というわけで、アカウントを作って入金・本人確認を今のうちに済ましておき、勝てる確率が高い波が来た時にすんなり取引できるようにしておくのが吉というわけです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin