プログラミングとデザイン、スタートアップの話

プログラミングやデザイン、スタートアップ関連についての雑記

24歳フリーランスエンジニアが非常駐で月収100万を達成した方法

2016年上半期からフリーエンジニアとしての活動を始め、上半期の後半には開発案件を通じて、月収がアベレージ100万円を超えるようになったので、どのようにしてこの数字に至ったかをご紹介します。

f:id:harv-tech:20160731223351j:plain

フリーランスエンジニアとしての活動を開始するときに、最低限単月100万円の売上目標を立てていました。私のスキルセットとしては、Webデザイン・フロントエンド開発・バックエンド開発がメインとなっているため、これらのスキルを混合させて目標額を達成し、現在も継続することができています(月収100万円に寄与しているのはバックエンド開発がメイン)

フリーになるときに気をつけたこと

f:id:harv-tech:20160731223429j:plain
複合的な理由からフリーランスとして一時的に活動をすることになったのですが、これまでフリーランスとしての経験がなかったため、事前に色々と調べてみて方針を固めました。以下がその方針です。

  • 生活資金は前もって確保しておく
  • 単価だけで選ばず、スキルを伸ばせる案件であること
  • 常駐はしない、コミュニケーションは最低限にする

①生活資金は前もって確保しておく

これは非常に重要な項目です。事前リサーチをしているときに、デザイナーの深津貴之氏のブログの下記記事を読み、方針として取り入れました。

社員がフリーランスになる前に教えておきたいこと | fladdict

生活運転資金が十分にない状態だと、そのためのお金を稼ぐためにとにかく案件探しに必死になってしまいます。つまり、自分のこだわりなどは一切考慮できずに、低単価の案件を仕方なく引き受けないといけなかったり、自分のスキルの切り売りになってしまうような案件と付き合ってしまうことになります。

「お金を稼ぐこと」がトッププライオリティに来てしまうため、「スキル」や「スケジュール」「納期」「単価」などの項目を十分に考慮できなくなってしまいます。

したがって、フリーランスとしての活動の前には最低でも3〜6ヶ月は生活資金を気にせずに過ごせるように貯金などをしておくことが大切です。

②単価だけで選ばず、スキルを伸ばせる案件であること

私自身、まだ24歳という年齢であることと、ずっとフリーランスとしてやっていくわけではなかったという2点から、近視眼的な案件の取り方はしないようにと決めました

単価が高い案件だとしても、自分の伸ばしたいスキルが伸びない環境であったり、新たなスキルを獲得できる機会がなさそうな案件は基本的には請け負いませんでした。フロントエンド開発・バックエンド開発ともに自分の技術が陳腐化することが長い目で見た時に一番避けるべきことです。

古い技術を使った高単価案件ではなく、新しい技術や学びがある中くらいの案件を選ぶようにしていました。

③常駐はしない、コミュニケーションは最低限にする

基本的に常駐案件の方が高単価案件を見つけやすいですが、常駐はめんどくさすぎるので対象案件からは外しました。通勤自体面倒だと感じましたし、常駐することによって職場での不必要なコミュニケーションが増える可能性があると考えたためです。

例えば、常駐する場合、心優しい企業だとありがたいことに社員と業務委託の区別をせずに接してくれます。昼食をはじめ、飲み会や会社のイベントなどに誘われる「危険」があります。また、エンジニアであれば、朝会や技術系のMTG、チームのMTGなどにも参加する必要があるかもしれません。このような誘いをバッサリと断れる方なら良いですが、こういった類いの不必要なコミュニケーションが生まれることを私は回避したかったのです。

あくまでもフリーランスエンジニアとして、技術面での貢献をし、社員の方々とのプライベートなリレーションシップの構築は完全に排除したいという考えだったため、常駐はせず、リモートでのコミュニケーションに徹しました。

もちろん、案件の開発に必要なMTGやコミュニケーションはチャット上で行ったり、本当に必要であれば対面でのMTGにも足を運びますので、誤解なさらずに。

結果として、これは売上目標額達成にかなり貢献をしました。開発のみに集中できるため、パフォーマンスが向上し、作業工数あたりの売上が増加する要因になりました。

単発納品よりも継続できる案件を探す

f:id:harv-tech:20160731223510j:plain
単発納品系の案件だと、納品後にまた新しい案件を探すというコストが発生します。「案件を探す→単価交渉→契約」のフローは案外時間を取られるし、精神的にもタフになるため、できるだけ効率化して行いたいです。そのため、単発納品系よりも継続可能性が高い案件を中心に探す方が効率が良いです。

例えば、「Wordpressでコーポレートサイトを作成してください」というような案件は単発納品系に該当し、一回きりの作業で打ち切りとなる可能性が高いです。これに対して、「新規サービス開発」や「既存サービスのリニューアル」「既存サービスの新規機能開発」などはその後もサービス開発においてクライアントから依頼が来る可能性が高いです。

フリーランスエンジニアとして活動して初めて知りましたが、世の中のコードの品質の低さに驚きました。様々な受託開発会社やフリーランスエンジニアが玉石混交だからだとは思うのですが、なかなかひどいコードのまま納品されていたり、そもそもコミュニケーションの質が低い方などが多くいらっしゃるようで、常識のあるコミュニケーションを行い、常識のある成果物をクライアントに納品することができれば、クライアントからはかなり高い評価を得ることができます。結果として、継続した発注依頼を頂けます。

案件探しに使ったツール

特殊なツールは使っていませんが、参考になればということで記載しておきます。

今回紹介するものはフリーランスエンジニアには必須のツールなので、まだ使っていないものがあれば参考にしてみてください。

①フリーランス向け案件掲載サイト

案件掲載型のサイトだと、常駐案件が比較的多いですが、常駐でも問題ない人は高単価案件が多いため、フリーランス向けの案件掲載サイト(エージェント)に登録するのがオススメです。常駐という条件がついていても正直交渉次第で非常駐という条件に変更できたり、なんとでもなるパターンがあるので、一度面談を申し込んでから条件交渉をすれば良いです。

A. レバテックフリーランス

業界最大級の案件を持っているため、希望する条件を満たす案件が見つかる可能性が高いエージェントです。 会員登録自体は無料で、一度面談をして希望条件を伝えておけば、一定期間ごとに案件を紹介してくれます。 自分で案件を探すことも大切ですが、自分の可処分時間を有効活用するためにも、エージェントの方に手伝ってもらい、自然とエージェントから案件が舞い込んでくるようにしておきましょう。

エージェントのビジネスモデルは、紹介手数料をクライアントからもらうスタイルであるため、フリーランサーには一切迷惑がかかることはないので、安心できます。

レバテックフリーランスはマージン額を低めに設定し、できるだけフリーランサーの報酬額を上げるように努力しているそうです。

エージェントとしての実績が長いため、エージェントの方も非常に丁寧で良い印象を受けました実際に私はレバテックフリーランスで複数個の案件を契約させてもらえたので、おすすめです。

レバテックフリーランス

・業界最大級の案件数
・フリーランスの間では評判の良いエージェント
・登録・利用ともに無料

オススメ

B. ギークスジョブ

もう一つオススメの案件紹介エージェントサイトがギークスジョブです。

エージェントは複数個登録しておくことで、案件の探し漏れを防ぐことができます。業界最大手のレバテックフリーランスとはいえども、カバーしきれていない案件ももちろん存在します。そういった案件をギークスジョブのようなスタートアップやベンチャー企業に強いエージェントでカバーすると効率よく案件探しが出来ると思います。

ギークスジョブ

・スタートアップ、ベンチャー企業に強い
・都内でのベンチャー案件ならココがおすすめ

オススメ

②クラウドソーシング

クラウドソーシング系は製作案件の単価がめちゃくちゃで、技術に理解がないクライアントが多いという叩かれ方をしていることでも有名ですが、そんなこともない案件ももちろん存在します。毎日10件〜20件ほどは新着の案件が出てくるので、毎朝チェックすることを日課にして、自分の希望条件を満たすものだけにエントリーすればOKです。

クラウドソーシング系のサービスは色々出てきていますが、2016年8月現在でもクラウドワークスとランサーズが色々な面で使いやすいので、この2つさえ登録しておけばOKです。あんまり沢山のサイトに登録しても結局見れないので、先に紹介した案件紹介エージェント2つとクラウドソーシングサイト2つの合計4つさえ登録していれば、案件は見つかります

A. ランサーズ

クラウドワークスとランサーズを比較した際にはほとんど差はないのですが、肌感としてはランサーズの方が私は見る回数が増えていきました。その理由は、おそらくシステム開発系の案件の質がランサーズの方が高かったからです。

ランサーズの場合は発注者のリテラシーが高いのか、それとも発注経験が豊富なのか、比較的適正な発注額で丁寧な案件が目立ちました。クラウドワークスの場合は玉石混交のイメージです。

また、ランサーズとクラウドワークスを併用して行くうちに、序盤にどちらのサイトで案件を契約するかでその後の使い勝手が変わってきます。クラウドソーシングサイトで案件契約を結び、納品までに至ると評価や実績がつくため、その後の受注のハードルが下がっていきます。

つまり、ランサーズで案件を最初に獲得していった場合はランサーズを使い込むようになるでしょう。完全に50:50で使い分けるのは実績評価が2つのサイトで分散してしまうので避けるようにしましょう。

f:id:harv-tech:20160822233657j:plain

ランサーズ

・クラウドソーシング2大巨頭のうちの1つ
・システム開発案件が豊富に揃っている印象
・登録・利用ともに無料。

B. クラウドワークス

クラウドワークスの方がランサーズより認知度が高いためか、案件数はクラウドワークスの方が多い印象ですが、その分案件の質はバラバラです。個人の方がめちゃくちゃな価格設定で発注している案件もあれば、高単価案件が急に現れたりします。

高単価案件を見逃さないようにクラウドワークスにも登録し、毎日朝と晩に1度ずつチェックするのが良いと思います。朝のチェックはメルマガ登録で補うと楽です。

クラウドワークス

・クラウドソーシング2大巨頭のうちの1つ
・ランサーズの方が質の高い案件が多い印象ですが、機会損失を防ぐために登録していました
・登録・利用ともに無料。

その他のフリーランス向けの便利なツール

フリーランスエンジニアとして活動する場合、見積書や請求書を作ったり、確定申告をする必要が出てきますね。そういったニーズを汲みとった企業が便利なサービスを出しているので、無料で使えるものはどんどん使うようにしましょう。

クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)

請求書や見積書、納品書などを作成・管理するときに私が使っているのがMisocaです。めちゃくちゃ便利です。

フリーランスとして活動し始めた当初は見積書の作り方もわかりませんでしたが、Misocaは全部テンプレ化してやってくれるので、ポチポチ項目を埋めてしまえば立派な見積書や請求書ができます。クラウドソーシングサイトで契約・納品した後に、その後の継続した案件は直接クライアントとやり取りすることがあると思うのですが、その時には絶対Misocaは必要ですね。

無料で使えるというのがなんともありがたいです。

Misoca(みそか)

・請求書や見積書をテンプレ化して簡単に作成できるサービス
・無料で使えるため愛用中です
・請求書の作り方とか知らなくても勝手にやってくれるので超便利

オススメ

会計ソフトfreee(フリー)

フリーランスは個人事業主として確定申告が必要です。確定申告と聞くと「めんどくさい」「ややこしい」というイメージがありますよね。かつて私自身も同じようなイメージを持っていました。

会計ソフトfreeeを使い始めてからはめちゃくちゃ確定申告が楽になりました

確定申告をする上で面倒なのが収益と費用の計上ですが、freeeだと銀行口座やクレジットカードと連携してくれるので、いちいち目視で入力して行く必要がありません。

銀行口座やクレカに紐付かない現金支払いのレシートだけは手動で入力する必要がありますが、それでもスマホのカメラで瞬殺で終わります。

エクセルでポチポチ費用計上しているのがアホらしくなるくらい便利なので、使ったほうがいいですよ。一度登録した取引先などは自動振り分けまでやってくれるのでかなり便利です。

【会計ソフトfreee(フリー)】

・個人事業主なら必須の確定申告ソフト
・確定申告はいつでもできるので、やってないなら早めに。
・初めての確定申告の人でも使いやすい神サービス。

案件の接触回数を増やし、獲得率も上げていく

案件獲得数は下記のような公式で考えていました。

案件獲得数 = 案件接触数 x 契約率

案件獲得数を増やすためには、「案件接触数」か「契約率」のどちらかの変数を改善する必要があります。一番簡単なのは案件接触数を増やすことです。自分が希望する条件を満たす案件にできるだけコンタクトを取って、案件接触数を増やすことで自然と案件獲得数は向上していきます(もちろん、冒頭で説明したように自分を安売りするような案件は無視すべき)。

この案件接触数のうまい増やし方は「受動的な探し方」と「能動的な探し方」の2つに分類されます。受動的な探し方はエージェントを使う方法が該当し、能動的な探し方はクラウドソーシングサイトが該当します。この両輪をうまく回ることで私は新規案件の獲得が途切れないようにしています。この両輪が回り始めた後、さらに既存クライアントから継続した案件という新しい武器も登場するので、そうなれば単価UPにも繋がるため月収が向上するドライバーになります。

レバテックフリーランス

・業界最大級の案件数
・フリーランスの間では評判の良いエージェント
・登録・利用ともに無料

オススメ


↓↓↓読者登録お願いします↓↓↓

あなたにオススメの記事

ギークスジョブ

・スタートアップ、ベンチャー企業に強い
・都内でのベンチャー案件ならココがおすすめ

オススメ